栄養が足りない

妊婦に不足しがちな栄養素とは

妊婦の場合、通常の食生活ではどうしても栄養が不足しがちになってしまう部分があります。というのも、妊婦であれば母体だけでなく、胎児の成長にもその栄養が使用されていくため、人一倍食事には気を遣わなければいけないのです。もちろん、だからといって人一倍食事をしろといっているわけではありません。ただ、やみくもに食事をしても逆に体重が増えて胎児に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、食事はあくまで1人前、より栄養のバランスを考えた献立で対応していくことが大切になっていくのです。 とはいっても、そんな食事を心がけていたとしても妊婦には不足してしまう栄養素があります。それはカルシウムです。カルシウムは骨や歯を生成していくとても大切な栄養素で、胎児の成長には必要不可欠なものでもあります。

カルシウムの不足を補うために

そのため、不足しがちなカルシウムは母体からどんどん減っていくことになります。そうなると心配になるのが妊婦自身のカルシウム不足、あまりに状態が進行すれば胎児に影響を与えるだけでなく、母体にも骨折などのリスクが高まってくるため、注意しておかなければいけません。 効率的にカルシウムを摂取していくにはサプリメントなどの補助食品をうまく活用していくのがおすすめです。サプリメントなどの場合、食事とは別に必要な栄養素を必要な分だけ摂取することができるので、より安心して妊婦生活を送ることができます。 よく、妊娠中に骨折などのけがをしてしまうという話を耳にしますが、こうしたサプリメント、補助食品を積極的に取り入れていればそれらのリスクも幾分軽減できるのではないでしょうか。