専門家を利用する

不妊治療の現在の取り組みやトレンドについて

結婚をした夫婦が定期的な性交渉をしていても、子どもを授かることができないということが多いです。現在では、結婚後数年で自然妊娠をすることが難しくなってきています。それは、男女ともに社会的ストレスや食生活の乱れなどからによるものだとも考えられています。子どもを授かることを望む夫婦は、不妊治療というものを受けます。 不妊治療の現在の取り組みやトレンドですが、産婦人科などにおいて夫婦の体を検査するということが多いです。男性であれば精子を採取し、精子が正常で妊娠の可能性があるのか検査します。女性であれば卵子を採取し、同様な検査を受けます。男女ともにまずは自然妊娠ができるように健康な体つくりをするために、食生活などの指導や漢方薬などで体質改善を図ります。

不妊の治療を扱うどのような人たちがいるのか

不妊治療は多くが産婦人科で行われています。妊娠の仕組み、不妊治療の流れなどについても産婦人科などで説明会が開かれています。そのため不妊治療を取り扱っている人の多くは産婦人科の医師や看護師であることが多いです。 産婦人科で行われるのは、まず妊娠しやすい体作りの指導です。ストレスや食生活の乱れで、体内が正常に活動していないと妊娠もしにくいです。まずは男女ともに健康な体作りをするような指導が医師や看護師からされます。 また、産婦人科でのカウンセリングなどがあります。看護師などが行うことが多いのですが、不妊治療を長く続けていると不安が生じてきたり精神的に不安的になる人が多いです。カウンセリングを受け、心身ともに健康状態を保つこともされています。